FC2ブログ
家計薄見直しアドバイザー☆ファイナンシャルプランナーとして... 人生で最も重要だったり、お金がかかると言われる、結婚、出産、家づくり、教育などの情報を発信しています。今の状況を最大限生かせる知恵を出したり、将来の不安などを解消する方法などを、お伝えしています。一緒に頑張って行きましょう!
こんにちは。

今年も残りあと3か月ですね。
あっという間に1年が経ってしまいます。

マイホームのご計画は順調でしょうか?

マイホーム計画の中でも特に重要な
「返済計画」について
皆様はどのようにお考えでしょう?

私は返済計画を進めるうえで
「家計の見直し」を提案していますが

家計を考える際にまず基本となるのは
もちろん「収入」と「支出」です。

そして家計を良い状態にしようとするFPが
一般的に行なうのが「支出」の点検です。
無駄な出費がないか?節約できる部分は
ないか?を探し、改善します。

もうひとつ大切な方法があります。
それが「収入」を増やすことです。

もちろんお勤めをされている
ご主人のお給料を急に増やすのは
難しいことです。

しかし、その一方で奥様の収入は
ある程度さじ加減ができるものです。

いつから働くのか?いくらくらい稼げるか?
どのくらいの時間働けるか?

もちろん子育てをしながらですから
限度はありますが、そんな検討を
して頂くだけの価値はあります。

ちなみに我が家は妻がパートで働いています。
そして家事が一通り終わると…今度は家で内職です。

月に数万円の収入があります。
子供が1歳の頃から始めて
もう16年ほど続けています。

家計に足しになっていて本当に有難いです。

小さなお子さんがいるご家族にもおススメです!



(リビングテーブルは内職のテーブルとなっています)



もしかすると内職というと必死で根詰めて
働くイメージがあるかもしれませんが

実際にはテレビを見ながら、
うたた寝しながら稼いでいます。

あっ!もちろん私も手伝っていますよ。
(たまにですが…汗)

外に働きに出るとお洋服やお化粧品など
出費も増えますが、内職はその心配が要りません。

時間の融通も付けやすく家計の足しにもなります。
小さなお子さんがいるご家族にもおススメです!

【2018/10/08 20:06】 | 未分類
トラックバック(0) |
私が小学生の時に私の両親は家を建てました。
もちろん住宅ローンを組みました。

利息を少しでも節約したいと考えた両親は
コツコツ節約して、少しお金が貯まるたびに
「繰り上げ返済」を行なっていたそうです。

しかし…病気のために
父親は56歳の若さで亡くなりました。
この時点で住宅ローンはあと60万円ほどしか
残っていなかったそうです。

住宅ローンには「団体信用生命保険」が
付帯されていますので、保険が適用され
その60万円の残債は無くなりました。

「たられば」はもちろん無いのですが
もし、両親が「繰り上げ返済」を
全くしていなかったとしたら…我が家には
数百万円の貯金が有った計算になります。

団体信用生命保険に加入していたので
もちろん残債は無くなりましたが、
「繰上げ返済」することに熱心になり過ぎ
貯金も少なかったのです。

父親が亡くなったことももちろん残念ですが
そんな時に貯金が少ないのはさらに残念です。

ちなみに私は、繰り上げ返済はしないつもりです。
私も親の血を引いていることを考えると
同じ病気になるかもしれないからです。

計画的な、適正な、借入は「悪」ではありません。
逆にやみくもに「繰り上げ返済」するのは
危険な場合もあります。

「手元資金」も大事ですし、
教育資金、車の準備金、老後の準備金
など「将来への準備のお金」も大事なのです。

私はファイナンシャルプランナーの
資格を保有していますので、日ごろから
住宅ローンのご相談に乗ることが多いですが

「バランスよく」「かたより過ぎず」
ということを意識しています。

「損」か?「得」か?を計算することも
もちろん大事です。でも、同じくらい
「安心」か?「危険」か?を検討することも
大事だとお伝えしています。実際の体験を基に…。

【2018/10/05 11:00】 | 悩み
トラックバック(0) |
こんにちは。

先日は、平屋の予約見学会が大盛況で
大変お世話になったM様宅の引渡しでした。

おめでとうございます。

お若いお二人が当社の見学会に
初めて来られたのは2年前の夏でした。

振り返ればあっという間の2年でしたが
その間にはさまざまな課題があり
その解決に1年以上の時間が掛かりました。

そんなご苦労は有りましたが
笑顔の引渡しとなって本当に良かったです。







このブログをお読みのこれから家づくりを
ご検討される皆様にも決して他人事ではありません。

「よくあること」なのです。

例えば実家の土地を使って建築する場合
わざわざ土地を購入するよりも簡単に
計画が進むと考えられがちですが

実際には解決するべき問題が多いです。
・実家の相続が終わっていなかったり
・建築が可能な道と接してなかったり
・境界杭についてご近所と揉めていたり
・古い権利関係が複雑に絡み合っていたり
・土地の所有者が痴呆症で担保提供できなかったり
等々、たくさんの問題があります。

この中の一つでも該当すると・・・
解決に1年以上要する可能性もあります。

そうなると当初の家づくりスケジュールに
大きな狂いが生じます。

例えば消費税増税前に
例えば小学校入学前に
例えばアパートの更新までに
そういった目標に間に合わなくなることもあります。

そんなことが無いように早めの事前準備を
お勧めします。ご不安な方は藤原までご連絡ください。
連絡先 090-7319-0594


【2018/10/04 09:23】 | 未分類
トラックバック(0) |
こんにちは。

台風も無事に過ぎ去りホッとしています。
渡邊監督は、朝から各現場の見回りをしてくれています。

久しぶりのきれいな青空です。



そして先日は岐阜市まで出掛けてきました。

日建建設は建設業免許だけでなく
不動産業の免許も持っているのですが
その法定講習に参加のためです。

私は宅地建物取引士の資格を保有し
土地購入からの家づくりをされる
お客様を担当しています。

土地購入について何か疑問などあれば
ご遠慮なさらすご一報ください。

ちなみに今回の法定講習の内容は
主に税制改正でした。






相続税の改正により相続が発生した時に
納税しなければならない方が増えていますが

その対策として意図的に生前に
資産を子供たちに贈与することで

資産を減らして結果として
相続税を軽減させている人が多いようです。

実際に、私たちのお客様の中にも
家を建てる時に親御さんから
贈与を受けている方が増えています。

しかし、自分たちでは
贈与してくれるつもりがあるのか?
親御さんのお考えを聞きづらい
という方も多いことでしょう。

そんな時は、私、藤原を悪者にしてもらっています。

私どもでは、お客様たちには
必ず、親御さんに家づくりの進捗を
報告して貰っています。家を建てることは
一生の一大事ですので当然の儀式だと考えます。

その報告をする際に

「日建建設の藤原さんが

『家の予算を決めるために毎月返済額や
自己資金の確認はもちろん、親御さんから
ご援助があるのか?親御さんに確認してください』

って、言うのだけど…どうかな?…」

と、私が知りたがっているという体裁を
装って聞いてもらっています。

そのおかげで臨時収入があった!
というお客様も実際に多いです。
住宅ローンの借入額を減らす
ちょっとした裏ワザでした。



【2018/10/01 11:19】 | 研修
トラックバック(0) |
こんにちは。以前のブログで
建物配置を書きましたが
先日そのA様の地鎮祭が行われました。

天気はあいにくの雨でしたが
実は、雨天の地鎮祭は、
大変に縁起の良い事なのです。

神主さん曰く
『雨がこの土地の隅々までお祓いを
してくれて大変に有難い事なのですよ』
ということです。

他にも有名な『雨降って地固まる』
のことわざが有ったり

又、昔から地鎮祭での雨は、新しい家で
生活水に困らない!とか火事にならない!
などと言い伝えられていて絶好のお天気なのです。

私たちのほうは、テントを張ったり、
足元がぬからない様にブルーシートを張ったり
と作業が必要ですので結構忙しいのですが・・・
縁起の良い雨ならそんな苦労も報われますね。






さあ!地鎮祭も滞りなく終了し
ご近所の皆様へあいさつ廻りです。

逆の立場になれば分かりますが
ご近所の皆様からすれば、新しく越してくるのは
どんな方なのか?いつから着工するのか?
完成はいつなのか?気になるものです。

その為、ご近所の皆様や
班長さんに挨拶を行います。

廻ってみたらご近所の皆様も
良い方ばかりで本当に助かります。

地鎮祭が終了したので
地盤調査を行い造成工事の着手です。
縁起の良い雨で、これから工事に入る
業者さんも安心です!

【2018/09/28 20:44】 | 地鎮祭
トラックバック(0) |