FC2ブログ
家計薄見直しアドバイザー☆ファイナンシャルプランナーとして... 人生で最も重要だったり、お金がかかると言われる、結婚、出産、家づくり、教育などの情報を発信しています。今の状況を最大限生かせる知恵を出したり、将来の不安などを解消する方法などを、お伝えしています。一緒に頑張って行きましょう!
こんにちは。

今年の梅雨は空梅雨のようですね。
ありがたいことです。

7月8日は『絶対、失敗しない家づくり』勉強会を開催します。

勉強会のご案内

そして、勉強会で少し触れる学資保険について
このページを借りて少しお話をします。

皆様は、学資保険に入っていますか?
多くの方が加入されているかと思います。

教育費をどう考えるかはライフプランの中でも重要なことでもあり
よく聞かれる質問です。

子どもさんが成長していく中で、学資保険に入られる方が多いです。
その背景には学資保険を積立代わりにと
思われている方が多いのがその理由ですが、
皆さんが入られている学資保険が教育費の準備
になっているかは確認が必要です。

昔は、郵便局で学資保険に入ると満期のときに倍くらいになって
戻ってきた時代がありました。
(貯金の利子も高かったですけど、住宅ローンなど借りる利息も高かったので
今と昔、どっちがいいかは微妙です。)
なので、「学資保険は得。」って印象が強いです。

でも、学資保険に入られている方の70%以上の方が
得にならない学資保険に入っているとしたらどう思われるでしょうか?

要は「いくら払って」「いくらの満期で戻ってくるのか?」
その確認が大事です。
210万円払って、180万円が満期なんてことは結構あるのです。

と言っても、払った以上に戻ってこなくても
保険がついてるから仕方ないと言われる人も多いのですが、
本当ですかね?

学資保険やこども保険といった名称の保険には
育英年金などがついているものもあります。
学資保険支払中に契約者(おおむね、お父さん)が死亡したときに
遺族に教育費の援助で育英年金が支払われるものです。

なんだか聞いてて安心って感じですがよく考えてみて下さい。

なぜなら教育費などの必要な保証は
ご主人さんの生命保険でカバーしてることがほとんどです。
つまり、わざわざ学資保険で多く支払う必要はないのです。

中には、子供の医療保険がついていることを言われる人もいますが、
それもどうでしょうか?

乳幼児医療制度が整っている今、一定の年齢まで医療費は無料です。
ほとんどの自治体では中学卒業するまで医療費無料なんてところもあります。
その中でどれだけの保険料が必要かは検討の余地がありますね。

本来、学資保険は純粋な貯蓄であるべきではないかと思っています。

180万円の払い込みで200万円の満期がもらえるくらいならOkですが、
そうでなければ月々積立貯金をしたほうがいいといったことになってしますのです。

一度、計算をしてみてください。

その計算は、今、加入中の学資保険を解約するといくら損をするのか計算します。
ほとんどのケースで途中解約は損が出ますが、
今やめた方の損の方が、満期まで支払い続けたときの損に比べて少ないときは
思い切って解約された方がいいですね。

私も以前は知り合いに頼まれて、ある学資保険に加入していましたが
200万積立てて、満期でもらえる金額が180万円ほどでした。

元本割れですね。

知り合いに解約すると思い切って伝え
ある外資系の保険に加入しました。

そこは200万円積立てて満期で盛られる金額は220万円です。

180万円しかもらえない予定が保険を見直したおかげで
220万円になりました。差額は40万円、子供2人分なので
80万円です。かなり大きな金額です。

大学費用の入学金や準備金として十分役立ちますね。

勇気がいるのは、私も経験済みですが
一度、じっくり見直してみるのは大切です。

スポンサーサイト

【2018/06/26 17:32】 | 計画的に
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック