FC2ブログ
家計薄見直しアドバイザー☆ファイナンシャルプランナーとして... 人生で最も重要だったり、お金がかかると言われる、結婚、出産、家づくり、教育などの情報を発信しています。今の状況を最大限生かせる知恵を出したり、将来の不安などを解消する方法などを、お伝えしています。一緒に頑張って行きましょう!
こんにちは。

暑い日が続きますね。
わたしの家はリビングにしかエアコンがありません。

新築をして10年それで過ごしてきましたが
今年の猛暑は別格です。

2階にエアコンを設置しようと家電屋さんに行きましたが
何と1カ月以上かかるということでした。

しかもお値打ちなエアコンは売れてしまい高いエアコンのみでした。

仕方なく、今夏は諦めてエアコン価格が落ち着く
秋以降にしようと計画中です。

何事も、計画的に動かないといけないと認識させられました。

計画的にと言えば、もう一つ!
今日の新聞に掲載された記事です。

『長期金利上昇』との見出し。




これまで0%になるように誘導してきた長期金利の上昇を容認するという内容でした。

となると、住宅ローンの10年固定金利や35年固定金利が
今後、上昇に転ずる可能性が出て来ました。

幸い、地銀では8月の金利は7月と変わらないようですが
今後は当然、上昇傾向となります。

仮にフラット35で借入金3000万円35年返済の場合ですが、
現在の金利が1.34%、これが0.2%あがり1.54%に
なるとどうなるかシミュレーションしてみました。

金利0.2%の上場で毎月返済金額が2,892円上がります。

35年間で何と!
121万円も上がります。

消費税の上昇がかわいく思えてきますね。

例えば、1800万円の家の消費税が2%上がっても
36万円ですので、3倍以上の金額となります。

ピンとこない人の為に、ご自身の借入額
借入年数で一体どのくらい返済総額が増えてしまうのか?
ご心配だという方は私のメール

fujiwara@nikken-ltd.co.jp

までお気軽にお申し付けください。
シュミレーションして差し上げます。

スポンサーサイト

【2018/08/01 21:59】 | 計画的に
トラックバック(0) |
こんにちは。

台風が過ぎ去りましたが
梅雨前線が活発になっています。

大きな災害が無ければよいです。
娘たちは、自宅待機で休校しています。


話は変わり
「だって食事中に大地震が来たらどうするの・・・・?」

ハンバーグの付け合わせと言えばニンジンやほうれん草の
ソテーが定番でしょうか?「いきなり何?!」とお思いでしょうが
我が家の二人の娘・・・・姉妹でもその食べ方が全く異なり不思議です。

 次女は今どきの「先ベジ」という訳でないのですが「お楽しみは
最後に取っておこう」という感覚で付け合わせから「やっつけます」。
これ、恥ずかしながら私も全く一緒です。



(写真は、おしゃれなレストランで撮った写真です)
 
ところが長女は真っ先に好物であるハンバーグから食べてしまいます。
もちろん、その後、きちんとニンジンやほうれん草を完食すれば
良いのですが残して怒られています(笑)。

 正直ハンバーグを食べる順番など、どうでも良いのですが、これが「家づくりの順番」となると話は別です。
家づくりで失敗したくなければ、やはりお手本となる「進め方」があります。具体的に言うと・・・

1、建築後の生活を想像し「永く」「楽しく」「安全に」暮らせる我が家の家計簿を把握する
2、その家計簿に見合う「住宅ローン返済額」が見えるので、そこから逆算した「適正な住宅ローン借入額」を掴む
3、安全に捻出できる自己資金を2で出た借入額と合算し我が家の家づくりの「全体予算」を決める
4、その全体予算を土地代、建物代、諸費用、家具、外構、なんどにバランス良く振り分ける。

 間取り、インテリアなどの楽しい検討(ハンバーグ!?)の前にこういったちょっと面倒くさい、
目を背けたくなるようなお金のこと(ニンジン、ほうれん草!?)を「やっつける」必要があるという訳ですね。

 ちなみに冒頭のタイトルは先に美味しいものを食べてしまう人の言い訳でした・・・たしかに一理ある???

【2018/07/05 17:01】 | 計画的に
トラックバック(0) |
こんにちは。

今年の梅雨は空梅雨のようですね。
ありがたいことです。

7月8日は『絶対、失敗しない家づくり』勉強会を開催します。

勉強会のご案内

そして、勉強会で少し触れる学資保険について
このページを借りて少しお話をします。

皆様は、学資保険に入っていますか?
多くの方が加入されているかと思います。

教育費をどう考えるかはライフプランの中でも重要なことでもあり
よく聞かれる質問です。

子どもさんが成長していく中で、学資保険に入られる方が多いです。
その背景には学資保険を積立代わりにと
思われている方が多いのがその理由ですが、
皆さんが入られている学資保険が教育費の準備
になっているかは確認が必要です。

昔は、郵便局で学資保険に入ると満期のときに倍くらいになって
戻ってきた時代がありました。
(貯金の利子も高かったですけど、住宅ローンなど借りる利息も高かったので
今と昔、どっちがいいかは微妙です。)
なので、「学資保険は得。」って印象が強いです。

でも、学資保険に入られている方の70%以上の方が
得にならない学資保険に入っているとしたらどう思われるでしょうか?

要は「いくら払って」「いくらの満期で戻ってくるのか?」
その確認が大事です。
210万円払って、180万円が満期なんてことは結構あるのです。

と言っても、払った以上に戻ってこなくても
保険がついてるから仕方ないと言われる人も多いのですが、
本当ですかね?

学資保険やこども保険といった名称の保険には
育英年金などがついているものもあります。
学資保険支払中に契約者(おおむね、お父さん)が死亡したときに
遺族に教育費の援助で育英年金が支払われるものです。

なんだか聞いてて安心って感じですがよく考えてみて下さい。

なぜなら教育費などの必要な保証は
ご主人さんの生命保険でカバーしてることがほとんどです。
つまり、わざわざ学資保険で多く支払う必要はないのです。

中には、子供の医療保険がついていることを言われる人もいますが、
それもどうでしょうか?

乳幼児医療制度が整っている今、一定の年齢まで医療費は無料です。
ほとんどの自治体では中学卒業するまで医療費無料なんてところもあります。
その中でどれだけの保険料が必要かは検討の余地がありますね。

本来、学資保険は純粋な貯蓄であるべきではないかと思っています。

180万円の払い込みで200万円の満期がもらえるくらいならOkですが、
そうでなければ月々積立貯金をしたほうがいいといったことになってしますのです。

一度、計算をしてみてください。

その計算は、今、加入中の学資保険を解約するといくら損をするのか計算します。
ほとんどのケースで途中解約は損が出ますが、
今やめた方の損の方が、満期まで支払い続けたときの損に比べて少ないときは
思い切って解約された方がいいですね。

私も以前は知り合いに頼まれて、ある学資保険に加入していましたが
200万積立てて、満期でもらえる金額が180万円ほどでした。

元本割れですね。

知り合いに解約すると思い切って伝え
ある外資系の保険に加入しました。

そこは200万円積立てて満期で盛られる金額は220万円です。

180万円しかもらえない予定が保険を見直したおかげで
220万円になりました。差額は40万円、子供2人分なので
80万円です。かなり大きな金額です。

大学費用の入学金や準備金として十分役立ちますね。

勇気がいるのは、私も経験済みですが
一度、じっくり見直してみるのは大切です。


【2018/06/26 17:32】 | 計画的に
トラックバック(0) |
こんにちは。

寒暖の差が激しいですね。
風邪に注意しましょう。

花粉もあと少しで終わりそうですね。
待ち遠しいです。

先日の休みですが、ソフトバンクに行って
現在の料金プランが適正なのか
家族4人分を診てもらいました。

幸い、今の料金は適正という診断で一安心でした。




午後からは、現在私が借りている住宅ローンの
固定期間選択型10年が今年の7月で満了を
迎えるので、次回はどの選択プランにするのか
シミュレーションをしてもらいました。

残りの返済期間もあと11年ほどで残金も1000万強です。

変動金利にしても良いかと思案中です。

残金や残りの返済期間も短い為
変動にして仮に金利が上昇しても
10年固定金利の返済額までは
行かないのではと考えています。

7月までもう少し悩んでみます。

現在、マイホーム計画をたてて、どの返済プランにしようと
悩んでいる人も多いと思います。

しっかりとシミュレーションをしないと
大きく返済額が変わる可能性があります。

ぜひ、シミュレーションのご相談をお待ちしています。



【2018/04/13 17:10】 | 計画的に
トラックバック(0) |
こんにちは。

凄い花粉ですね。車が毎朝、花粉だらけです。
僕はヒノキ花粉症なので今がピークです。

昨日、新聞を見ていたら『人手不足深刻化』と
見出しで出てました。

これも、アベノミクスの効果でしょうか?
皆様の会社も人出不足でしょうか?

働き方改革で残業も減らす方向です。
そうなると人を雇わないと今の仕事量はこなせない。
となるわけですね。



皆様が計画している『家』にも、少なからず
影響が今後出てくると思われます。

大手のゼネコンが高速道路の高架補修をしています。
道路に埋設してある水道本管工事の老朽化で
あちこち工事が増えています。

リニア工事に伴なう準備でどこも人手不足のようです。

実際に基礎工事屋さんも、人手不足を嘆いていましたし
今後、資材の上昇でコンクリートも上がってくるという情報もあります。

東京オリンピックに向けての資材不足と資材値上げが
本格的に始まるかもしれません。

2008年の北京オリンピックの時は
資材不足と資材高騰で凄かったです。

べニアや木材関係を商社が大量に買い付けて
北京オリンピックの工事に充てた影響が
まともに出て、資材を確保するのに四苦八苦したことを
思い出しました。

あの苦労を、またしなくてはいけないのかなぁ?

そうなると家の価格への影響も出て来ます。

ということは、同じプランで同じ仕様でも金額が違うことです。

大きく影響が出る前にマイホーム計画をしっかりと
準備することがとても大切になってきます。

【2018/04/04 20:53】 | 計画的に
トラックバック(0) |