FC2ブログ
家計薄見直しアドバイザー☆ファイナンシャルプランナーとして... 人生で最も重要だったり、お金がかかると言われる、結婚、出産、家づくり、教育などの情報を発信しています。今の状況を最大限生かせる知恵を出したり、将来の不安などを解消する方法などを、お伝えしています。一緒に頑張って行きましょう!
こんにちは。

3月中旬というのに雪が降りましたね。
ノーマルタイヤに替えたばかりでしたので
少々焦りました。(汗)

先日、研修で岐阜へ行って来ました。
それは『次世代住宅ポイント制度』というものです。

消費税が今年の10月から10%に上がりますが
住宅取得の景気が冷え込まないように導入される
景気刺激につながる制度です。






耐震性能や断熱性能、劣化対策、高齢者等配慮の
いずれかの性能を有すると30万ポイントがもらえます。

そのほかに『家事負担軽減に資する設備を
設置』すると5万ポイントがもらえます。
主に食器洗い乾燥機やビルトイン調理機
浴室乾燥機、掃除しやすいトイレなどです。

その他にリフォーム工事も対象となります。

充実した消費税後の景気対策なので
消費税が10%になってもゆっくりと
マイホーム計画がたてられますね。

但しポイントの発行申請は
2020年3月31日までとなっています。

国の方も予算を組んでいますので
予算の執行状況に応じて早く締め切られる
可能性もあります。

消費税が10%になっても慌てなくて良いですが
次世代住宅ポイントの締め切りには
間に合わせたいですね。

でもご心配なく、今から行動すれば
間に合うと思われます。

仕組みを知りたい方は私まで
ご連絡をください。

携帯番号は
090-7319-0594です。

ラインが良い方、IDは携帯番号と同じ
09073190594です

お待ちしています。
スポンサーサイト




【2019/03/15 19:40】 | 研修
トラックバック(0) |
こんにちは。

台風も無事に過ぎ去りホッとしています。
渡邊監督は、朝から各現場の見回りをしてくれています。

久しぶりのきれいな青空です。



そして先日は岐阜市まで出掛けてきました。

日建建設は建設業免許だけでなく
不動産業の免許も持っているのですが
その法定講習に参加のためです。

私は宅地建物取引士の資格を保有し
土地購入からの家づくりをされる
お客様を担当しています。

土地購入について何か疑問などあれば
ご遠慮なさらすご一報ください。

ちなみに今回の法定講習の内容は
主に税制改正でした。






相続税の改正により相続が発生した時に
納税しなければならない方が増えていますが

その対策として意図的に生前に
資産を子供たちに贈与することで

資産を減らして結果として
相続税を軽減させている人が多いようです。

実際に、私たちのお客様の中にも
家を建てる時に親御さんから
贈与を受けている方が増えています。

しかし、自分たちでは
贈与してくれるつもりがあるのか?
親御さんのお考えを聞きづらい
という方も多いことでしょう。

そんな時は、私、藤原を悪者にしてもらっています。

私どもでは、お客様たちには
必ず、親御さんに家づくりの進捗を
報告して貰っています。家を建てることは
一生の一大事ですので当然の儀式だと考えます。

その報告をする際に

「日建建設の藤原さんが

『家の予算を決めるために毎月返済額や
自己資金の確認はもちろん、親御さんから
ご援助があるのか?親御さんに確認してください』

って、言うのだけど…どうかな?…」

と、私が知りたがっているという体裁を
装って聞いてもらっています。

そのおかげで臨時収入があった!
というお客様も実際に多いです。
住宅ローンの借入額を減らす
ちょっとした裏ワザでした。



【2018/10/01 11:19】 | 研修
トラックバック(0) |
こんにちは。

昨日は、岐阜市まで不動産研修に行って来ました。
岐阜県の不動産業者さんが、100名以上来ていました。

研修内容はエンドユーザー様と不動産業者とのトラブルについてです。
たくさんの裁判事例についても解説して頂きました。





多くのトラブルは不動産業者がお客様に
故意に瑕疵などを伝えないことから起きるそうです。

例えば
・自殺物件
・上下水道の引込が出来ない
・道路として接道要件を満たさない
・法廷以上の仲介手数料を取る
・予定している建築物が建たない
等々ありました。信じられない事例がたくさんありました。

でも一つの共通点は売ってしまえばあとは知らないという姿勢です。

もちろん全ての不動産業者さんではないですが
ごく一部は土地さえ売ってしまえばあとは知らないと言う
考えの不動産業者さんが、少なからずいるということです。(残念ですが)

一つの回避策として建築業者に土地を探してもらうことです。

それは、建築業者は土地を買ってもらい家を建てるからです。
あとあとトラブルになることは避けるからです。

建築が終わってからもメンテナンスで一生のお付合いがあります。

地元であれば、トラブルになると後々変な噂がたってしまいます。

そうならない為にも、良い仕事をします。
安心してお任せください。

【2018/07/11 19:33】 | 研修
トラックバック(0) |
こんにちは。

寒さが少し、緩みましたね。
ありがたいです。

8日は、宅地建物取引士の免許更新で岐阜まで行って来ました。
5年に一度の更新です。

5年間で変更になった法令や税制について
学んで来ました。

あまりに膨大で…




覚えるのには一苦労です。


話は変わり、研修に行く途中、ハプニングがありました。

私が、コンクリートの上でヘッドスライディングをしました(コケタ)
右の手のひらが直径3センチほど、ずるむけの血だらけ!

研修中、痛みとの格闘でした。

帰り、ようやく薬局でキズパワーパッドを購入し
応急処置。

そして次の日の夜、ようやく皮膚科へ行きました。

どんな治療をしてくれるのかと思いきや
『キズパワーパッドは優れているので、このままでよい』とのこと。



ただ、交換時期や対処法、痛みが増した場合には
もう一度、来院するようにと言われました。

私はキズパワーパッドだけでは、不安だったので
皮膚科に行きました。

でも、このままで良いという先生の一言で
とても安心しました。

皮膚科に行かなければ不安な毎日を過ごしていたでしょう。

やはり専門家に意見を聞くことは大切ですね。

これをマイホームに例えると…

皆さんも、失敗しないマイホームの為にも
良き相談相手を見つけてくださいね。

【2018/02/10 19:08】 | 研修
トラックバック(0) |
こんにちは。

ようやく晴れの日が続き、基礎着工も動き出しました。
お待たせしましたという感じですね。

さて、先週は不動産研修に行って来ました。

不動産広告の規制です。
おとり広告や予告広告についてです。

不動産物件については特に厳しい規制があります。




次は中古住宅の建物状況調査についてです。
日本は欧米と比べると非常に中古住宅の流通が少ないそうです。

購入者は『耐震性』や『断熱性』や『隠れた不具合』を不安視しています。

そこで売主さんに建物状況調査をして買主さんに明示するものですが
義務化にはなっていませんし、そこで不具合があると
買主さんも購入に躊躇しますし費用もかさみます。

まだまだ、安心安全な中古住宅の活性には程遠いと感じました。

【2017/11/04 09:00】 | 研修
トラックバック(0) |