FC2ブログ
家計薄見直しアドバイザー☆ファイナンシャルプランナーとして... 人生で最も重要だったり、お金がかかると言われる、結婚、出産、家づくり、教育などの情報を発信しています。今の状況を最大限生かせる知恵を出したり、将来の不安などを解消する方法などを、お伝えしています。一緒に頑張って行きましょう!
こんにちは。

花粉症との戦いももうすぐ終わりますね。

ところで娘の話です。

私の娘は大手の牛丼店で働いています。




お小遣いを稼ぐためでもありますが
働くことの大切さやお金の大切や
社会経験と考えて本業の勉強に
差し支えない程度に働いています。

もう一つは飲食店であれば
調理なども少しは将来に役立つと
思っていました。

ところが

大手牛丼店には包丁が無いそうです。

飲食店なのにです。
驚きました。

娘曰く、効率化のためだそうです。

食材はすべてカットされ調理済みの
食材が運ばれてくるそうです。

ある程度は効率化の為
調理済みで運ばれていることは
知っていましたが
包丁が無いとは本当に驚きました。

料理が上手くなると思っていましたが
当てが外れました。

今はどの会社でも効率化は叫ばれています。

もちろん住宅業界でもそうです。
コストを省き、無駄なく材料を使い
効率よく働くことで、お客様に
還元出来ます。

当社では地元企業の中では一早く
取り組んでいると自負をしています。

住宅アドバイザーの藤原でした。
スポンサーサイト

【2019/04/18 16:36】 | 未分類
トラックバック(0) |
こんにちは。

おかげさまで(?)無事に(?)
もうすぐ20回目の結婚記念日を迎えます。

 
そして今月の終わりには
我が家は築11年となります!





日本には「女房と畳は新しい方が良い」
という現代では口にすることさえ
憚られるようなことわざもありますが
 
所を変えフランスでは
「女房とワインは古い方が良い」
という表現もあるとか
 
どちらも分かるような…
 
どちらもそうかな?と思うような…(汗)

私的に言うと
「女房と焼酎は古い方が良い」
でしょうか(笑)
 
いずれにしても
 
・新しい物事に常に挑戦する意欲も
 
・これまで培ってきた経験や知識も
  
どちらも大切にしていきたいなぁ~
と思います。
 
これは家づくりに対しても同じ気持ちです。
  
平成という時代も着々と
終わりに近づいていますが
「仲良きことは美しきかな…」を
目標にこれからも精進して参ります。

嫁さんを大切にする藤原でした(笑)

追伸
結婚記念日の予定は特にありませんが
何か起きましたらブログのアップをします。


【2019/03/08 19:28】 | 未分類
トラックバック(0) |
こんにちは。

先日は、当社に大切な家づくりを
託して頂いたS様との仕様決めでした。

土地が決まり、間取りも確定し
いよいよ3月の着工に向けて
最終の仕様決めです。

打合せがスムーズに進むように
S様には事前に好みをお聞きし
カタログをお渡しご主人様と
事前に相談をしてきてもらいました。

もちろん最終的には私も一緒に
床や建具、クロスなどの色目を
確認させて頂きます。

頭の中で思い描いたマイホームが
いよいよ現実のものとなります。

S様は昨年の3月に完成見学会へ
お越しいただきました。

それから約1年で着工となります。

土地も順調に見つかりプランや仕様決めが
スタートしました。

そして3か月の期間で決定いたしました。

しっかりと勉強をしていただき
宿題もご夫婦でしっかりと
行っていただいた成果です。

決して慌てることなく確実に歩んだ成果です。

皆さんはこの時間をどう思われたでしょう?
早いですか?それとも意外と掛かりますか?

「消費税増税には間に合わなかったけれど…」
今年こそマイホームと丘替えの皆さまへ
何かヒントになれば嬉しいです。

「限られた予算をできるだけ有効に使いたい…」
という思いから、家づくりを進められている方が多いです。

真剣に検討したその『行動』は必ず報われます。
私も出来る限りの応援をしますのでご相談などあれば
・・・・・・・・
・・・・・・・・藤原までお気軽にご連絡ください。


【2019/02/18 17:38】 | 未分類
トラックバック(0) |
寒い冬が来ますね。

皆様の自宅にはダイレクトメールが
届きますか?私の自宅にはよく来ます。
旅行、車、家電、家具、大学案内(娘への案内)
そしてダイレクトメールではないですが
広報も届きます。

ちなみに我が家は新聞も購読していますので
折込み広告もかなりあります。

ただの広告と比べると
ダイレクトメールには
たくさんの情報が詰まっています。





私も、すぐに旅行に行く訳でもないし
今のところ車の買い替えの予定もありませんが
見ていると、今の旬がわかり面白いです。

旅行であればゆったりバスツアーが
流行っていますし

ウォーキングでお遍路さんや登山

車であれば各社が燃費よりも
安全性を競っています。

家電などのDMも見ていて飽きないです。

当社でも毎月1回
ダイレクトメールを送っています。

見学会の案内や土地情報、金利情報、
スタッフに日常など情報盛りたくさんです。

読んでくださっている方も多いですが
もし読まずに、資源ごみに回している方が
いらしたら是非一度じっくり読んでみてください。
必ずお役に立つ情報が有ると思います!

【2018/10/30 09:52】 | 未分類
トラックバック(0) |
こんにちは。

今年もあと2か月ですね。
毎月、自宅に配布される情報誌ですが
盛りだくさんの情報でありがたいです。

今月号の内容は「忘年会特集」でした。
もう1年が終わってしまう…と感じました(汗)。

その情報誌の中で、もうひとつ
気になったのが「不動産広告」でした。

2千万円台中盤の建物だったので新築かなぁ?
と思ってよく見てみると「中古住宅」でした。

今度は2000万円を切る建物でしたので
中古かなぁと思ってよく見ると「建売物件」でした。

不動産のプロである私が一瞬
「価格が逆ではないのか?」と思ってしまいました。

ネットで検索すると、いくつもの中古住宅
が掲載されています。

私は職業柄、場所や坪数、築年数が
わかると、おおよその査定金額を計算できます。

すると、ほとんどの掲載物件が
私の査定よりかなり高めに価格設定されていました。

理由は色々とあると思います。

少しでも高く売りたいがために
最初は高く価格を出しておく場合もあるでしょう。

ただ、多くの場合はそれでないと
「売れない」ということだと思います。

新築購入時にフルローンで購入したケースです。

仮に2800万円を1%の金利、35年返済で計算し
5年経過すると残高が2450万円です

もちろん物件にもよりますが
新築当時2800万円だった家が
5年経過すれば2000万円前後になるのが
相場と思われます。すると…450万円も
ローン残高が残ってしまいます。

もちろん自己資金で補填できれば良いですが
殆どの方が補填できないと思われます。

購入時に自己資金を出していないですからね。

となると2450万円以上で売らないといけません。
査定金額は2000万円なのに…です。

これこそ中古住宅が高い一番の原因だと思います。

もちろん安すぎる建売も心配ですよね。
ちゃんと工事をしているのか?
アフターはちゃんとしてくれるのか?
一生住む家ですから、よく考えないといけないですね。


ブログだと説明が足りないかもしれません。
もう少し具体的に聞きたい方は
私の携帯までご連絡ください。

携帯番号は090-7319-0594です。
お役に立てれば嬉しいです!

【2018/10/29 18:43】 | 未分類
トラックバック(0) |